絶対にTOEIC600点をゲット

センター英語解く得!はこちら

TOEIC Part5 文法演習 [準動詞 031]

重田 真人
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
重田 真人
英語講師しげTこと重田真人です。一緒に楽しみながらTOEICの学習をしていきましょう。
[ TOEIC 文法演習 031 ] Muraguchi Manufacturing uses a variety of robots to show that science is very —–.
(A)excite  (B)excited  (C)exciting  (D)excitement

[正解] Muraguchi Manufacturing uses a variety of robots to show that science is very exciting.
(A)excite  (B)excited  (C)exciting  (D)excitement

今回から準動詞の問題について解説していきたいと思います。

不定詞、動名詞、分詞などをまとめて準動詞と呼びます。TOEICではこれらが個別で出題されるよりは組み合わさった問題が多いので、1つの項目として扱っていきます。

まず、初日は分詞形容詞の問題です。TOEICだけでなく、大学入試でも英検でもあらゆる試験で頻出なので「あの問題か」とおなじみの方も多いと思います。

さて、この問題の解く鍵の大半はexciteという動詞の意味を正確に知っているかにあります。

動詞のexciteの意味は

「興奮する」ではありません。「~を興奮させる」です。

昨日のメッシのあのゴール、興奮したよ。などと日本語では言いますが、興奮という感情は自分だけで生み出すことはできません。メッシのゴールが私を興奮させたのです。

英語では同様に感情を表す動詞の意味はほとんどが「~させる」という意味になります。

Q: surprise, interest, please, bore のそれぞれ意味は?

A: surprise 「驚かせる」 interest 「興味をもたせる」 please 「喜ばせる」 bore 「退屈させる」

「~させる」系であることお分かりになると思います。

さて、この「~させる」系の動詞はVingの現在分詞、Vp.p.の過去分詞の形を取ることができます。これらは形容詞の働きをするので、分詞形容詞と呼ばれています。では以下の問題の正解を考えて下さい。2択です。

1. The goal was ( excited / excising ).
2. I was ( excited / exciting ) at the goal.

この分詞形容詞の問題はコツをつかめば簡単です。現在分詞(Ving)の形は能動態なので、「~させる」。過去分詞(Vp.p.)の形は受動態なので、「~させられる」なのですが、もっと分かりやすく、以下のようにまとめておきます。

Ving (感情を)与える
Vp.p. (感情を)受け取る

これが一番分かりやすいと思います。させる方だから「与える」、受身だから「受け取る」と考えます。

1. The goal was ( excited / excising ).
2. I was ( excited / exciting ) at the goal.

よって1.はゴールは「興奮を与える」のでexciging、2.は私は「興奮を受け取る」のでexcitedになります。

さて、ようやく本文の解説ですが、

that science is very —–.

の部分を見れば科学は「興奮を与える」のでexcitingが正解であることが分かります。

分詞形容詞の問題は正確に理解すればとても簡単なので、この解説は完全に理解して下さい。

この記事を書いている人 - WRITER -
重田 真人
英語講師しげTこと重田真人です。一緒に楽しみながらTOEICの学習をしていきましょう。







Copyright© GET!TOEIC600 , 2016 All Rights Reserved.