絶対にTOEIC600点をゲット

センター英語解く得!はこちら

品詞と文型についてのカンタンな説明 [その1]

重田 真人
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
重田 真人
英語講師しげTこと重田真人です。一緒に楽しみながらTOEICの学習をしていきましょう。

品詞の説明について、やや小手先な話が多かったので、今回は少し本格的な話をします。カンタンですが、とても重要なのでついてきて下さい。

以下は高校生向けの授業で実際に使っているプリントの抜粋です。学期の始めや講習の一日目に配ります。
———————————————–

授業で使うカッコ、動詞の表記などについて 
1. 授業で使うカッコ
[     ]  名詞句 / 節    S / O / Cまたは前置詞のOになる
<    > 形容詞句 / 節    名詞を修飾するか、Cになる
(     )  副詞句 / 節    ≠S / O / C   必ずMになる
☆S=主語 O=目的語 C=補語 M=修飾語

2. 品詞
(1) 形容詞→働きは以下の何れか
①名詞を修飾する (限定用法)
I found an easy book.    私は簡単な本を見つけた
②Cになる (叙述用法)
I found the book easy.    私はその本が簡単であることがわかった

(2) 副詞→基本的に名詞以外を修飾する  (下線部が修飾される部分)
①動詞を修飾  He will return soon.   (副詞は①が一番多い)
②形容詞を修飾 She is very diligent.
③副詞を修飾 The president recovered surprisingly quickly.
④文全体を修飾 Fortunately, I won the game.

(3) SOC+Mの品詞
S   名詞  (例外なし)
O   名詞  (例外なし)
C (SVC)  名詞 / 形容詞
C (SVOC) 形容詞 / 名詞 / V(原形) / to V / Ving / Vp.p. / 副詞など
M(修飾語) 副詞 / 前置詞+名詞 / 形容詞(名詞修飾)

☆前置詞+名詞は必ずM(修飾語)で働きは-
①形容詞的働き (名詞を修飾) The book <on the table> is mine.
②副詞的働き(動詞を修飾)  There is a book (on the table).

———————————————–

上記は「英語のルール」に当たるような内容です。将棋はコマの動かしかという「ルール」が分からないければ、そもそもゲームができません。それと同じくらい大事な話だと思うのですが、残念なことに詳しく学校で教わる人はそんなに多くありません。今日は1.から少しづつ解説しきたいと思います。

1. 授業で使うカッコ
[     ]  名詞句 / 節    S / O / Cまたは前置詞のOになる
<    >  形容詞句 / 節    名詞を修飾するか、Cになる
(     )   副詞句 / 節    ≠S / O / C   必ずMになる
☆S=主語 O=目的語 C=補語 M=修飾語

まず、授業では3種類のカッコを使います。四角カッコが名詞のカタマリ、三角カッコが形容詞のカタマリ、丸カッコが副詞のカタマリです。

カタマリと言いましたが、厳密にはという言葉を使います。何れも1カタマリで1つの働きをする単位ですが、SVを含むかどうかが違います。

句-1カタマリで1つの働きをする単位。SVは含まない。
節-1カタマリで1つの働きをする単位。SVを含む。

このカッコ、誰が発明したのか分かりませんが、とても便利なので使わせてもらっています。学校の先生でも用いる人がいるようですが、現在では全国の予備校・塾の教室では当たり前のように使われいます。

なぜ、そんなカッコが便利かというと、英語は品詞によって働きが決まっているからです。

☆名詞は S / O / Cになる。
☆形容詞は名詞を修飾するかCになる。
☆副詞はS / O / Cになることはなく、必ずMになる。
S=主語 O=目的語 C=補語 M=修飾語

「SVOCとか聞くと頭いたくなるんだよなー」という声が聞こえてきそうですが、そんなことはありません。カンタンかつとても便利なものです。まず、SVOCを理解する一番基本的な利点の話から初めます。

[ 訳して下さい ] Tom plays tennis.

正解は「トムはテニスをします」です。カンタンすぎだろ、なめるなよという声が聞こえてきそうですね。しかし、実はここにも重要な点が隠れています。この文は

「トム・する・テニス」と書かれているだけですよね。どうして、「トム」とか「テニス」と言えたのでしょうか?

実は英語は日本語の「てにをは」に相当する言葉がなくても文として成立するのです。前置詞は必ずしも必要ありません。

SVOCの一番基本的な利点は、Sは「~は」を補う、Oは「~を」補うなど、日本語と完全に体系の違う英語という言語を日本語にする手助けをしてくれることです。

Tom plays tennis.はSVOの第三文型になります。

次回は基本的な五文型について、もう少し解説したいと思います。

この記事を書いている人 - WRITER -
重田 真人
英語講師しげTこと重田真人です。一緒に楽しみながらTOEICの学習をしていきましょう。







Copyright© GET!TOEIC600 , 2016 All Rights Reserved.